ホーム >>最新情報 >>機械式腕時計のメンテナンスは深い学問です。
機械式腕時計のメンテナンスは深い学問です。

機械式時計は非常に精密な機械ですから、ちょっと気を抜くと機械式時計に誤差が出てしまいます。機械式時計のメンテナンスは深い学問です。今日は店長から、機械式レプリカ時計で油を洗う作業がどのように行われているかを説明してもらいました。

「オイル洗浄」とは、時計の芯の洗浄と潤滑油の注入の略で、時計の修理では非常に重要な作業です。時計の油洗浄の目的は、部品の清潔さと机械の必要な潤滑油を維持するために、時計の部品の精度を確保し、時計の寿命を延長します。

机械式時計は、ねじが多くの歯車を交互に駆動して、金属が長い時間接触して、歯車軸受間の安定した運行を保障する必要があり、必然的に潤滑油になります。また潤滑油は時間が経てば乾き変質し、金属摩擦による摩耗や油垢がコアの金属部品にダメージを与える。さらに歯車同士の摩擦で微細な金属屑が発生して回転抵抗が増し、ケースの隙間から埃や繊維などが侵入して、機械の垢となる。そのため、一定のサイクルが経過すると、部品を取り外して洗浄したり、潤滑油を注入したりする必要があります。

腕時計のオイル洗浄は簡単そうですが、実は気をつけなければいけないことがたくさんあります。まずは、一つひとつの部品やプレート、宝石がきれいになっているかどうかを確認しなければなりません。残った汚れは確実に落としておかないと、油を洗ったあとの効果が半減してしまいます。時計の部品に使用される油は専用油でなければ、カートリッジに深刻なダメージを与える。

ここまで説明してきたので、機械式腕時計のオイル洗浄作業についてはおわかりいただけたと思います。http://www.ikebukuro777.org/yamadanews.asp



前ページ: 2022年冬に身につける腕時計:セレブMOA10214腕時計
次ページ: 冬に本革の腕時計を身につけるのは、どんなに快適なことか