ホーム >>最新情報 >>悪い習慣は、私たちの腕時計を壊す。
悪い習慣は、私たちの腕時計を壊す。

コピー時計を身につけることも学問であり、悪い習慣は時計を壊す。


1、間違った時間に時計を調教する


調教なら22時前、2時過ぎがいい。


2、時計をケースに入れたまま動かない


時計は常に出してつけておくと壊れやすい。


3、電子制品は時計に磁気を受ける


特に携帯電話やパソコン、ipadなどのデジタル機器です。


4、ケースの磨きすぎ


磨きすぎるとケースの金属も傷みます。


5、水が入る


300メートル防水と表示されているか、ダイバーズウオッチ専用の時計以外は、長時間水に触れることができない、あるいは生活防水にすぎない。


6、長い間メンテナンスをしない


車と同じように、時計もメンテナンスをしたほうが寿命が長くなります。



前ページ: 最高級パネライコピーの人気モデル:PAM01391時計の紹介
次ページ: ラングザクセン・シリーズ215.026腕時計はいくらですか?