• 連絡先:
  • ikebukuro@vip.163.com
ホーム >>最新情報 >>時計が止まりましたら、どう修理しますか?自分で修理できますか?
時計が止まりましたら、どう修理しますか?自分で修理できますか?

時間管理を上手くするために、時計の正確性は非常に重要だと思います。腕時計を身につけている人は時計が動かなくなったり、止まったりして、故障することがあることをしっていると思います。このような場合は、まず故障の原因を特定して、修理をしなければなりません。このような場合、自分で修理することができますか?

クォーツ時計の場合、時計が動かなくなったり、時間がくるったりする場合、電池が切れている可能性があります。その場合、近くの時計屋さんで電池を交換することを推薦致します。機械式時計の場合、時計が動かなくなったりするときは、ほとんどゼンマイががかかってない場合が多いので、ゼンマイを巻いてから動きを確認してください。

電池が切れていたり、ゼンマイがかかってなかったりするときは、自分で操作できますが、時計自体が故障した場合は、専門店又は近くの時計屋さんにご相談に乗ってください。

 

注意:スイス製のスーパーコピー腕時計は、定期的にメンテナンスを行なっていれば、動かなくなることがほぼありません。本日、IKEBUKURO777店長から最高品質のスイス製ロレックス時計を紹介致します。




前ページ: ポールガーバーはEPR52ムーンフェイズ時計を作ります
次ページ: 機械式腕時計はどのくらい使わないとしぜんに止まりますか?どの面で注意しなければなりませんか