ホーム >>最新情報 >>レトロ時計の紹介:ブレゲタイプXXI 3817
レトロ時計の紹介:ブレゲタイプXXI 3817

ブレゲは航空の伝説を再現しています。時計製造に加えてブレゲ家を有名にすることができる別の分野があるとすれば、それは航空産業であるに違いありません。 ルイ・チャールズ・ブレゲと彼が設立した航空会社の発明と革新をサポートするために、ブレゲ・ウォッチ・カンパニーはコックピットの計器盤に適したタイミング機構を開発し、パイロット時計の製造を開始しました。 1935年、ブレゲは最初のクロノグラフを発売しました。 約20年後、ブレゲはフランス軍用のタイプXX時計を開発しました。 1980年代初頭まで、フランス国立空軍と海軍はこの権威あるクロノグラフを装備していました。


本日、ブレゲは、1954年以来、タイプXXシリーズのクロノグラフ用に特別に装備されたフライバックタイミング機能を備えた、機械的な自動巻きムーブメントを備えたタイプXXI3817クロノグラフの新しいモデルを発売しました。 時計愛好家は、サファイアクリスタルの裏表紙を通して動きの絶妙なディテールを見ることができます。タイプXXシリーズがこのデザインを導入したのはこれが初めてです。



前ページ: 時計によく使われるガラスの素材は何ですか?
次ページ: 低価格のロレックスの時計とは何ですか?