ホーム >>最新情報 >>ヴァシュロン・コンスタンタンとスポーツウォッチをテーマとする展覧会が
ヴァシュロン・コンスタンタンとスポーツウォッチをテーマとする展覧会が

今でこそ、スポーツ・ウォッチはマーケットの主流分野となっているが、もともとは「計測」という、実用性と精密性を兼ね備えた、どちらかといえば実験的な分野からのニーズに応えるためのものであった。260年以上の長い歴史を通じて、スイス精密機器分野でも先頭を走ってきたメゾンは、1930年以来、科学者やスポーツ選手に向けた画期的なクロノグラフを開発してきた実績をもっている。今回の展覧会は、このようにブランド時計コピーヴァシュロン・コンスタンタンが時代に先駆けて製作してきたスポーツウォッチと精密機器に焦点を当てた展覧会であるが、 もうひとつのトピックは、現代のいわゆる"ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチの流れだろう。1977年に創業222周年を記念して製作された「222」モデルのインスピレーションが、やがて20年の時を経て、現在の「オーヴァーシーズ」コレクションの源となったことを再確認できる、いろいろな意味で興味深いエキシビションでもある!



前ページ: 最高級の時計 ロレックスってなんでこんなに高いの?
次ページ: リシャール・ミルの時計は一本一本に特別な物語があります