• 連絡先:
  • ikebukuro@vip.163.com
ホーム >>最新情報 >>ロレックスの傷について、ちょっとした妙策
ロレックスの傷について、ちょっとした妙策

ロレックスコピーは腕時計の中でも価格が非常に高い高級品でございます。従って、ロレックスの日常のメンテナンスについて、注意することが必要です。腕時計の部品としては金属とクリスタルが多いので、日常キズつきやすいです。今日、店長からロレックス腕時計に傷がつきましたら、簡単に修復することを教えてあげます。

金属部品に軽い傷がついた場合、通常は研磨処理が必要です。通常の時計屋さんで研磨処理が可能です。まずは専用やすりを使って、傷を平らにしてから研磨油をつかって研磨を行います。最後に絵柄などについて紙やすりで磨いて、修復します。

腕時計はいつも大事にしなければなりません。なるべく鋭いものに腕時計が触れないようにしてください。ちいさな傷はすぐ修理しなくても大丈夫ですが、おおきい傷については正規のアフターサービスにより修復をすることを推薦致します。




前ページ: 機械式腕時計はどのくらい使わないとしぜんに止まりますか?どの面で注意しなければなりませんか
次ページ: パネライ腕時計に水が入った時の処理方法