• 連絡先:
  • ikebukuro@vip.163.com
ホーム >>最新情報 >>パネライ腕時計に水が入った時の処理方法
パネライ腕時計に水が入った時の処理方法

パネライコピー腕時計は水が入る場合が多いです。パネライ腕時計に水が入った場合、どうしますか?

パネライ腕時計に水が入った場合、時間が狂います。そして時計の水をきちんと処理しなかった場合、時計の金属部品が損傷し、錆びてしまいます。従って腕時計のムーブメントが壊れてムーブメントを交換しなければなりません。時計としてはムーブメントが一番高いですので、時計に水が入った場合、専門店で大至急に修理をしてください。

 

 

1、  時計に水が入ったとき、数層のトイレットペーパーまたは布、洗顔布などで時計を包んで約40ワットの電球の15cmの位置に置いて、電球の温度で時計を焼き、時計の中身の蒸気を蒸発させます。焼き時間は約30分くらいにしてください。焼く時は火気の温度により時計が耐えられず、変形しないようにしてください。

2、  ベルト腕時計の場合、水が入った直後に時計を裏返して身につけて、表面を内側に、反対側をそと側に向けます。そうすると約2時間で蒸気がなくなります。

3、  時計に水が入った場合、アフターサービスセンターに届け、専門担当者に修理してもらうのが水に入った時の最高対策です。




前ページ: ロレックスの傷について、ちょっとした妙策
次ページ: ランゲは記念シリーズの4番目の時計を提示します